営業職への転職−メリットとデメリット−

お役立ち!転職関連リンク集

営業職への転職−メリットとデメリット−

転職を紹介する情報サイトは他にもいくつか存在していますが、当サイトは体験者からの転職情報も発信しております。
将来的には、転職に関するガイドラインを製作、紹介していく予定です。よろしくお願いします。
一覧から気になるページへGO!

独自の視点で転職を説明します。

営業というと、飛び込みに代表される、新規開拓が、頭に浮かびますが、長期的に、継続して頑張るのは、リピーターの確保でしょう。だからこそ、派手で、奇をてらった、手法よりも、嘘のない、地道な手法が、望ましいと思います。一度つかんだ顧客を、長い信頼関係にもってゆくことが、大切なのだと思います。そうして、だからこそ、巧みな話術より、素朴な正直さが求められるのです。
この、営業の真髄を理解している人は、顧客との信頼関係を高めるために、時には、売りたい自社商品の、短所さえ、正しく伝える場合もあるでしょう。確かに、ここは劣っている、しかし、こっちを、見て欲しいと。こんな信頼関係が、最も大切な事項になるはずです。人間同士のやりとりだから、やりがいもあって、好きな人にはたまらないはずです。
こんな、楽しい営業ですが、厳しい面では、その仕事内容から、簡単に、ノルマをのっけやすいということでしょう。不況であれば、わかりやすい数字で、上司からは、強く圧迫されることも多々あるはずです。人間関係の構築は、大切なのですが、数字に現れるまでには、なかなか評価されないでしょう。地道な努力が、実を結ぶまで、根気よく頑張りましょう。

転職したい人のお役立ちブックマーク

CONTENTS

  1. 優秀な営業マンを目指して
  2. やりがいある仕事の営業
  3. 営業さんと一緒に仕事をしました。
  4. 若手の経験者が強い営業
  5. 営業職の人に求められていること
  6. 営業マン転職のデメリット
  7. 営業は会社の最前線ですが、難しい職種です
  8. 自転車で営業に回る毎日
  9. 営業経験が生かせなかった
  10. 運営情報・免責事項

Copyright (C)2017営業職への転職−メリットとデメリット−.All rights reserved.