営業職への転職−メリットとデメリット−

お役立ち!転職関連リンク集

営業は会社の最前線ですが、難しい職種です

会社にとって営業は大事な仕事で、最前線に位置づけられると思います。営業が頑張って仕事を受注し、あるいは商品を販売しないと会社の業績は上がりません。私が若いころの営業は、夜遅くまで働いていたので、大変だと思ってました。その分暇な時間が多くあるので、世の中はこういうものかと思いました。今は夜も遅くなく、店舗営業が増えているようですね。
営業に転職して成功するひとは多くないと思います。極端な例で言えば、前職が公務員・銀行なんかの人はまず成功しないと思いますね。こういう人で前職の組織を活用できる人はいいと思いますが。第一印象でお客さんに好印象を与え、人として長年付き合っていけるような方が、いいと思います。営業の求人はたくさん出てますが、転職して営業で成功するのは少ないようですし、応募の際、自分の適性を冷静に見ることが必要ではないかと思います。
自動車会社の営業で、売上がでトップという人を知っていますが、遊んでいるような感じで夜遅くまで仕事してました。お客さんをこまめに回り、表面上は楽に見えましたが、大変な仕事ですね。今この人は独立して会社を経営していますが、営業の適性と努力があって成功したのだと思ってます。この方は転職で営業職についたのではありません。

転職したい人のお役立ちブックマーク

CONTENTS

  1. 優秀な営業マンを目指して
  2. やりがいある仕事の営業
  3. 営業さんと一緒に仕事をしました。
  4. 若手の経験者が強い営業
  5. 営業職の人に求められていること
  6. 営業マン転職のデメリット
  7. 営業は会社の最前線ですが、難しい職種です
  8. 自転車で営業に回る毎日
  9. 営業経験が生かせなかった
  10. 運営情報・免責事項

Copyright (C)2017営業職への転職−メリットとデメリット−.All rights reserved.